月次決算・経営計画

月次決算・業績検討会議を活用しよう

定期訪問による月次決算の活用

当社は企業業績の基本である月1回の月次決算(月単位で業績を確定させること)を何よりも大切にしております。
月次決算は企業業績の要です。
是非、月次決算を実施して下記のような効果を得られることをお勧めします。

期中で業績を把握することにより、迅速な経営判断を行うことができます。
予想外に資金繰りが悪化している場合でも、早期の対策がうて、原因の究明も可能となります。
毎月、決算を行うことで、各部門の活動計画達成状況の把握が可能となり、部門長をはじめその部門内の各スタッフの課題・役割を明確に理解させることが可能になります。
金融機関からの印象が良くなります。
毎月説明を受けることで、社長・幹部自身が数字に強くなります。
早期に中間・本決算予測を行い、納税資金の準備や決算対策が可能になります。
年一回の本決算(事業年度末)が特別なものでなくなり、中間決算及び本決算が期間終了後1ヶ月以内の決算完了も可能となります。

月次業績検討会議の開催

さらに、月次業績検討会議を開催し、予算計画書との対比により、「計画通りに行かない理由」「次期以後の悪影響の予想」および「今後の改善策の検討」などをタイムリーに行うことが可能です。
 これらを考えると企業にとって月次決算は欠かせることのできない業務だと言うことがわかります。
当社はお客様とのコミュニケ-ションを大切にし、日々の経営で起こるさまざまな問題点をご一緒に考える姿勢で、現場訪問を大切にしています。また業績の迅速な把握を求めるお客様の要望にお応えして「ネット会計」もご提供しております。他方、当社の人財サポートを活用して、お客様の人材の効果的な配置が可能となり、業務コストの見直しの一助となる場合もあります。

業務代行なら経理サポート(経理業務代行)

経理・会計を中心とした人材支援

人事労務の事なら社会保険労務士法人 オフィス人事労務

人材の活用に関する悩みごとも

主なサービス内容

・月次決算(定期訪問を原則に、お客様の現地で会計監査業務)
・ネット会計(お客様からは会計データを24時間、いつでも送信できます。)
・部門別、事業部別、工事別会計、予算実績会計の導入支援
・決算書作成(貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、勘定科目明細書等)
・税効果会計の導入
・経営幹部を交えた事前決算対策&次年度の経営方針会議の開催支援
・資金繰表作成支援
・経営計画作成支援